英語の積上げ学習

【英語積み上げ学習】【英文解釈編】英文を分解して、係りを理解する

今回は、社会人の英語積み上げ学習として、「英文解釈」を取り上げます。

英文解釈は、一文を正確に訳すことが必要であり、文の係りを把握するためにも英文法の知識が求められます。前回のブログにて「英文法」の学習について書きましたが、この学習を踏まえて「英文解釈」の学習をしました。

学生時代、英文を日本語に訳すとき、後ろから訳すことが当たり前のようにしてきました。

テストで与えられた問題に回答するのでしたら、特に問題はないかもしれませんが、まとまった英文を読みこなすには、後ろから訳すのは効率が悪く、前から訳すのがよいのは、頭では分かっていても、実際できませんでした。

前から訳すことを意識のは、以前のブログでも取り上げましたが、この本がきっかけでした。

「英文標準問題精講」 原 仙作 著 、中原道喜 補訂(旺文社)

 

 

この本は、第Ⅰ編(初期10日間)、第Ⅱ編(中期10日間)、第Ⅲ編(後期10日間)に分かれていて、実際解いてみたのは、第Ⅰ編の”基礎問題と研究・訳文”のみです。問題自体、私大・国公立大の難関校レベルで難問が多いです。この本で参考にしたのは、特性要因図のように文章を分解している点です。文の係りを理解するのにこの方法は大変参考になりました。また、前から訳すのに係りを把握しながらできるようになったのも、この本がきっかけでした。

しかし、この段階では文章を分解する作業はできても、訳を仕上げることまではできていませんでした。

英語積み上げ学習において、土台部分を固めるには文の係りを理解して、訳を仕上げることが必要となります。

そのための教材として、この教材を選びました。

「入門英文問題精講」 竹岡広信 著 (旺文社)

 

 

 

  • 学習期間:2021年10月~12月
  • 使用したノート:A4大学ノート3冊分

この問題集を選んだ理由と感想

  1. 過去問も含め問題数が72問と、多すぎず少なすぎずのボリューム。
  2. 解説が非常に丁寧。→実際に問題を解いてみてここを知りたい、思った点をズバリ解説してくれていて、独学される方には適しています。
  3. 「精講」の項目で、実際に文章の係りが説明されていて理解しやすい。

著者は予備校の講師としては、有名な方のようです。

どのように活用したか

実際の作業内容を簡単ですが、まとめてみました。

実際に作ったノートの一例です。

この問題集を1冊終えたことで、文の係りを把握するためのコツがようやく理解できてきましたが、多くの英文に当たって慣れないと感覚がつかめませんので、引き続き多くの英文に当たって、英語力アップを図っていきます。

問題集の選び方、ノートの作り方など、少しでも参考になればとの思いで記事にしました。

最後まで、お読み頂きありがとうございました。