所感

過去の自分との差を比較する

 今日は、過去の自分との差を比較することについて、書いてみたいと思います。

 他人ではなく、自分と比較する

 通常、モノの善し悪しなどを比べること以外に、出来映えや能力等を比べる場合、自分以外の他人と比較するのが、一般的です。

 これまで、学校での成績、仕事の優劣・・・など、他人と比べることで、ある時は落ち込み、またあるときは、満足する、第3者の評価尺度としては分かりやすい基準になるものです。

 しかし、この他人との比較だけでは、自分で考え判断する力が弱まってしまうと、最近感じています。

 過去の自分を直視することの辛さ

 他人との比較において、自分が劣っている場合、つい自分を責めてしまい、落ち込むことがあります。私も他人との比較で落ち込むこともありますが、この比較だけでは、感情的な側面が入ってしまい、自分を冷静に直視出来なくなってしまうことがあります。ただ、自分を直視するためには、過去に自分がしてきた行動を把握し記録しておくことが必要です。人は忘れることが必要であり、自分に都合の悪いことから目を背けてしまうからです。勉強することは、自分との戦いでもあります。その時、過去の自分がどれだけ現在の立ち位置から変化しているのか、そこを把握しておかないと、これからの自分の成長が見通せなくなります。

 口では簡単に言っていますが、出来ない自分と向き合うのは辛いことが多いです。それは、都合の悪いことから目を背けてきた自分の結果が、現在の自分の状況を招いていることを突きつけられるからでもあります。

 翻訳を通じて、過去の自分のレベルを思い知る

 ここまで、抽象的な内容ばかりを書いてきましたので、ここからは具体的な内容を書いていきます。

過去のブログでも書きましたが、翻訳時の文の係りなどの基礎が出来ていないと感じた私は、ここ数ヶ月、下記の書籍を中心に勉強してきました。

「英文標準問題精講」原仙作著_旺文社

「翻訳の布石と定石」岡田信弘著_三省堂

各書籍の例文または練習問題を一文ずつ分解し、それをノートに書き込みながら、文の係りや構文、文法事項を理解するやり方です。英語をこのやり方でしたことはなく、社会人になって初めてでした。学生時代の英語の勉強は、暗記的要素が強く、本当の理解まで至っていなかったことを改めて感じました。

 このやり方で、文章構造についてある程度、理解出来る状態になった後、現在、実践で特許明細書の対訳学習を行っています。主に、次の2点を中心に勉強しています。

1.過去トライアルの見直し

2.自力で翻訳し、公開訳文との差を分析

 特に1項では、当時受けたトライアルの提出訳文を現在の自分の立ち位置から翻訳した場合の差を分析するのですが、当時のトライアルの提出訳文があまりにひどく、当時の自分が訳出したとは言え、相手に申し訳ない気持ちになってしまいました。文の係りが理解出来ていない、誤訳があり、その当時もそれなりに努力したのでしょうが、足りないものが多すぎたと、痛感しています。

 この差に気付くことが出来たのも、日々の積み上げの結果であると思っています。

 改めて、王道の勉強の大切さを感じた次第です。