読書

脱・完璧主義-理系的な思考でアウトプット

 前回のブログで、「理系的な思考」の必要性について、少し触れました。

脳地を耕すには理系的な思考と時間が必要

 今回は、「ラクしてゴールへ!-理系的アタマの使い方」鎌田浩毅著(PHP文庫)を紹介します。

 この本は本屋に立ち寄った際、偶然目にとまり、購入しました。

 なぜ、購入したのかと言うと、現在、ある専門分野の勉強をしており、理系の知識が必要とされるため、「理系的アタマの使い方」に興味を引かれたからです。

では、この本の著者が考える「理系的アタマの使い方」とは何か。

理系的アタマの使い方とは、ひと言でいうと「アウトプット優先主義」(P.23)

理系が得意なのが知的生産、文系が得意なのが知的消費(P.24)

引用:「ラクしてゴールへ!-理系的アタマの使い方」より

 ざっくりした言い方ですが、

「知的生産」とは、生産して形あるモノができる。即ち「モノ」というアウトプットが発生します。

 一方、「知的消費」とは、食べるなど内側にため込み、勉強においても暗記などで知識や教養を蓄積する行為と考えると、分かりやすいかもしれません。

 私自身は、「知的消費」による知識の暗記中心の勉強に偏りすぎて、結果として、「完璧主義」による行動の障害になっていたと、これまでの勉強を振り返った時、強く感じています。

具体的に自分の体験と重ね合わせ、本書において参考になった箇所を中心に書いてみます。

脱・完璧主義のススメ

完璧主義とは自己満足の世界なのだ。(P.30)

知的生産のもっとも早道である“不完全”であることを許容し、切り捨てられた内容は思い切って“断念”するのだ。

ここが、知的消費と知的生産を分ける最大のポイントなのである。(P.30)

引用:「ラクしてゴールへ!-理系的アタマの使い方」より

大切なのは、「知的消費」と「知的生産」を両輪のようにバランスよく、動かすことです。

ノートを一例に挙げると、

(従来)

 これまで勉強する際、多くのノートを作ってきましたが、大半は自分が理解するためのアウトプットする内容というよりは、単に自己満足できれいにノートを作ることに重点を置いていたため、ノートの中身が全くと言って良いほど分かっていないことが多くありました。

(気づき、見直し)

必要な資料はノートの左半分に貼り、補足事項を右半分に手描きで図解してみる。このとき、罫線に沿って書くなどにはこだわらない。きれいにまとめることを意識しすぎない。とにかく、ノートを見る本人が理解出来ていればよい、と割り切ることです。

この本でも、次のように書かれています。

ノートというものは、書きなぐってもよい。(P.105)

ノートの罫線は無視する。(P.105)

ページもどんどんぜいたくに使う。(P.106)

引用:「ラクしてゴールへ!-理系的アタマの使い方」より

 私は、この文章を読んだとき、ずいぶんと気持ちが楽になりました。ここまでノートについて書いた文章をあまり見かけなかったこともありますが、自分の内面の「こだわり」がいかにムダなものであったのか、気づきを得たような感覚でした。この「こだわり」こそが完璧主義による自己満足の世界であった、と痛感しました。

 このような感覚になったのも、前回のブログで書きましたが、新たに同僚の仕事までせざるを得ない状況で、同じ時間内ではとてもこなせない。いかに割り切って進めていくか。そのためには、完璧主義による自己満足の世界では、時間も足らない上、アウトプットできないという、外部環境の変化も起因しています。

 100点満点ではなく、70点や80点でも見切りを付けて先に進む。不十分な点は、時間が経過したとき、補足すればよい。その方が「知的消費」によるインプット重視より、先に進めた分、行動した量も多くなりアウトプットにつながります。

 その意味でも、「脱・完璧主義」はオススメです。

 ただし、これまで蓄積された習慣であるため、意識的に行動しないと変化させるには時間を要する点は、注意すべきであると、自らの体験で感じています。

ペンディングは、振り返りをすれば自ら行動した証になる

 ペンディングとは、一般的には「未解決、保留」といった意味になりますでしょうか。

 この意味からすると、完璧主義の視点からは、完全に解決してからでないと、次に進んではいけないという、「こだわり」から先へ進めない。例え解決しても、時間がかかりすぎてしまい、行動した量が少なくなる。結果、アウトプットにつながりにくくなります。

 そこで、ペンディングした時点の内容と日付を記録しておくことは、後で振り返った時、役に立ちます。記録しておかないと、ほとんど忘れてしまい、結局ゼロから仕切り直しになってしまうからです。

 私も、過去の勉強において理解不足のため、ペンディングした内容があり、時間が経過し改めて勉強したいと考え、そのノートの日付を見たとき、ちょうど1年前のもの、ということがありました。1年前は行動したものの、理解が追いつかずペンディングした内容であっても、振り返ることで行動した証となり、新たな気持ちで勉強できます。

最後まで、お読み頂きありがとうございました。