化学・物理

特許明細書を読む_化粧品の役割とは

化粧品特許明細書を読み進める中で、多くの化合物や分析についての言葉が出てきます。

分からない言葉を調べることも必要ですが、「木を見て森を見ず」のように枝葉にとらわれ、木の幹を見失ってしまうことになってしまう。そうすると、本来の目的(特許明細書の理解)から外れてしまうことになるので、木の幹を見失いそうになったとき、振り返るために今回マインドマップを作成しました。

参考書籍:

「とことんやさしい化粧品の本 第2版」福井 寛著_日刊工業新聞社

化粧品特許明細書を読み進める中で、化粧品に関して化学的視点から書かれ、読みやすい書籍を探していた所、この本に行き当たりました。最近新版が出されたばかりです。

マインドマップの中に各原料について、言葉の羅列にならないように自分のコメントを織り交ぜています。

これまで岡野の化学及びP&G特許を読むシリーズで勉強した内容について、キーワードとしてマーキングを入れています。自分への問いかけとして、ここはツッコミを入れておかないと、今後の理解に影響するため、復習も含め、深掘りしていきます。このキーワードについては、ブログでアップしていきます。

内容理解のためには、アウトプットが欠かせないと常日頃、管理人様も言われているように、アウトプットをしないと暗記中心で忘れ、何も理解できていないこれまでの勉強の繰り返しになってしまうので、ブログを通じてアウトプットしていきます。