未分類

勉強記録(6月17日~23日)

●ビデオセミナー
・247号:トライアルの正体
・248号:トライアルの正体(続)
・249号:トライアルの正体(その3)
・251号:トライアルの正体(その4)

・1021号:一流の翻訳者になるためのヒント集(1)
・1023号:一流の翻訳者になるためのヒント集(2)
・1024号:一流の翻訳者になるためのヒント集(3)
・1025号:一流の翻訳者になるためのヒント集(4)

・826号:会社員が特許翻訳をマスターするためには
・660号:独立へのロードマップ

●パワポ資料作成
 上記ビデオセミナー(826号、660号)を視聴後、現在の自分の立ち位置を改めて認識し、QOLを上げるために、可視化する目的で作成しました。この資料はQOLノートに貼り付けし、事あるごとに見返し、脳に焼き付けます。会社員としての今後の立ち位置で不安が多い中、このビデオセミナーを視聴し、資料を作成したことは、具体的計画、行動を起こす意味では、意義があると考えています。

●2社目以降のトライアルについて
 1社目の分析を終え、今月末から行動する計画でしたが、以下の理由で1ヶ月繰り下げることとしました。

①仕事の負担が大きく、生活のリズムが崩れてしまっている。
 これは、ある程度想定し、1社目のトライアルもその前に応募しましたが、それ以降、予想以上に忙殺され、精神的負担が大きくなり、勉強への影響が出ている。

②1社目のトライアルで不足している点を補う時間が必要
 対訳学習の量が不足しており、この1ヶ月の間に集中して取り組む必要があると判断。この間は、これまで勉強していた内容を一旦ペンディングし、日英の特許明細書の読み込み、チャンク、定型表現等、最初のトライアルで不足していると痛感した点に特化し、併せて自力翻訳による分析もこの中で行います。平日の早朝中心にこの作業を行い、夜は仕事疲れで集中できないことが多いため、読書等で頭を切り替えます。また、土日は視聴したいビデオセミナーを多く視聴、メモを取り、出来ることは即実践する。Trados操作も慣れるのに時間がかかるため、土日に集中してMultiterm登録をし、慣れてきたら平日の作業に組み込んでいく計画で進めます。

ABOUT ME
こいのぼり
社畜で言いなりに信じ、遠回りしてきた40代情弱夢男です。 翻訳を通じた言葉の難しさ、奥深さについて 感じたことを綴っていきます。